当Webサイトは、カンボジア日本人会の情報発信や協会員同士の交流を目的としております。

Home>>話題の広場>>日本政府が承認したアストラゼネカ製ワクチン接種について(シェムリアップ、バッタンバン、バンテミンチェイ各州)

日本政府が承認したアストラゼネカ製ワクチン接種について(シェムリアップ、バッタンバン、バンテミンチェイ各州)

投稿日:2021年9月29日(Wednesday) PM 1:47

最終更新日:2021年September29日(Wednesday)PM 1:47

シェムリアップ、バッタンバン、バンテミンチェイ各州にお住まいの方で、日本人会が主催する日本政府が承認したワクチン接種(アストラゼネカ製)の、2回目およびブースターを予定されている方へ、ご案内いたします。

シエムリアプを中心とする北西部でのコロナ感染拡大による移動の困難等の状況を懸念し、日本人会では保健省と相談の結果、いずれもプノンペンで予定されている、10月8日および9日の2回目ワクチン接種ならびに、10月10日および11日のブースター接種につき、上記の北西部3州において接種を行うことについて合意に達しました。

1. バッタンバン州
接種日: 10月11日(月)
会場:未定(日程が近くなってからご案内します)
持ち物:パスポートとワクチンカード

2. バンテミンチェイ(ポイペト含む)
接種日:10月11日(月)
会場:シソフォンにある州事務所(Provincial Administration Office)近くのカンボジア人民党(Cambodia People’s Party)の事務所。
持ち物:パスポートとワクチンカード

3. シエムリアプ
日程調整中のため、決定次第ご案内します

なお、ワクチン接種お申し込み時にご記入いただいた居住地をもとに、上記3州での接種を申請しております。上記3州を居住地として登録したものの、プノンペンでの接種を希望される方は、10月2日までに事務局にお申し出ください。ご連絡が確認できない場合には、北西部各州での接種になります。

また、2回目接種からブースター接種までの期間が4ヶ月に満たない場合、あるいは接触者が18歳未満である場合については、特例として接種を認める旨、プノンペンにおいて口頭での確認をとっておりますが、地方での接種においてはそういった特殊な条件について、異なった判断をされる可能性もあります。これらの特殊条件についてはプノンペンも含め、弊会で保証するものではありません。弊会でもできる限りの事前調整を行いますが、プノンペンと地方におけるそれぞれの条件リスクについてはご留意ください。